栄養の無いサプリメントと天然成分のサプリメント


合成の天然成分ではない栄養成分によって作られたサプリメント商品は、真っ先に栄養の無いサプリメントということであげられるでしょう。
あまり効果が無い、つまり、栄養の無いサプリメントという印象が強いようです。
合成成分のサプリメントは体への吸収率が悪いと一般的に言われています。ビタミンなどすでに合成成分でも効果があるとわかっているもの以外は注意するようにした方が、合成成分のすべてが悪いといっているわけではありませんが、無難ではないでしょうか。
体に何の影響も無いのであれば、栄養の無いサプリメントといわれてしまっても、せっかくお金を出して購入しても、無意味です。
私たちの体も言うなれば天然成分で構成されているようなもので、決して人工的に合成されて出来ているわけではありません。このことからも納得がいくのは、やはり天然成分のサプリメントのほうが、体への吸収率がよく、健康維持に役に立つサプリメントとして優秀であるということです。合成成分のサプリメントの場合は、原料は石油などでできていることが多いので、いくら化学式の上で一緒でも、体の中では吸収も悪くなるのは想像に難くありません。
コストの安い合成成分や添加物を使う事が多いのは、商品として販売し、利益を得る為には仕方がないのかもしれません。
合成成分のサプリメントがなぜ多いかというと、すべて天然成分にするにはやはり、技術と手間、コストがそれなりにかかるものなのです。サプリメントを利用しても実感があまり無いと、必然的に栄養の無いサプリメントと呼ばれるようになってしまうのです。
サプリメントは100%天然成分のを選ぶことで、栄養の無いサプリメントを選ばないようにすることが可能となるのです。現状としては、100%天然成分のサプリメントが商品として販売されていることは少ないので、天然成分のサプリメントのほうが体への吸収率がよいから効き目もあるのかなが賢い方法かもしれません。





天然成分にするにはやはり、技術と手間、コストがそれなりにかかるよね。そりゃそうね。